【FBLX 神戸市課題解決プロジェクト ~1/11】

はじめに

 こんにちは!年も明けましてしばらく経ちましたが、未だに年が明けた実感のないぐつです。前回の更新から大きく間が開いてしまいましたので、今回は前回から私たちがどのような活動を行ってきたかを記録していきたいと思います。少し長くなってしまってはおりますが、どうぞお付き合いください!

11、12月の活動

 11月、12月には、前回ブログに上げました区役所の方のアドバイス、そしてゲストの図書館の方々からのアドバイスを受けながら、各アイデアの試作品をどのようなものにするのかについて考えて参りました。

 そもそも、この「試作品」は、各グループのアイデアの方向性や発想に何か間違いがないか、実際に簡易的な形でターゲット(児童館の子どもたち)にテストすることで明らかにしていこう、ということが目的です。「試作品」という段階でどのような効果を持たせ、どのようなリアクションを期待するのか、エンパシーマップなどを用いて子ども達の考え方やリアクションをイメージしながら、各グループが奮闘して参りました。

1月11日までの活動

 年が明けて間もなくして、実際に児童館にて試作品のテストを行いました。各グループは実際に読み聞かせに参加したり子どもと対話をしたりと、子ども達のリアクションを見ることが出来ました。ブログの仕様上、動画は上げられないのですが、和気藹々とした様子で、テストが行われていました。

 また、実際にテストを行ったことで、自分達だけでは想像できなかった反応や意見なども見られ、試作品の反省点や改善点についてのヒントを得る事が出来たと思います。

f:id:uchidazemikobe:20220121102207j:plain

1グループが持ってきた本とシール

f:id:uchidazemikobe:20220121102424j:plain

2グループが持ってきた水みくじの試作品

f:id:uchidazemikobe:20220121102556j:plain

子ども達の様子

f:id:uchidazemikobe:20220121103113j:plain

子ども達との交流

 

1月11日の活動

 1月11日には、スタートアップ支援など、事業立ち上げを専門とされている、吉永さんをゲストにお迎えして、テストの結果と、現段階でのアイデアについて、プレゼンテーションを行いました。

 吉永さんからは、全体を通して論理構成が分からない、というアドバイスを頂きました。各グループにアイデアはあったのですが、実際にテストを通して得られた結果を組み込むことが出来ていないプレゼンテーションが多く、テストの結果も子どものリアクションしか報告ができていなかったので、実際にどれほどの効果を発揮する可能性があるかのアピールがありませんでした。

 また、プレゼンテーションのやり方やしゃべり方などの細かい部分でのアドバイスも頂きました。個人的に、私のグループでは、大人の論理(お金がかかる、著作権がどうの、など)を憂慮していましたが、本番ではせっかく区役所の方や県庁、図書館の方々に発表するのだから、学生なりに規模を広げてはどうか、という吉永さんのアドバイスが、私たちのグループのアイデアを大きく変えるきっかけになりました。

終わりに

次回、1月25日の授業では、2月始めの発表会に向けて、いよいよ最終準備に取りかかります。これまでの講義から、私たち生徒は教授やゲストの方々から様々なフィードバックを頂き、かなりアイデアがまとまってきました。次回の講義にはしっかりとした準備ができれば、と思います!

 

【FBLX 神戸市課題解決プロジェクト 11/2】

はじめに

 こんにちは。今年ももう11月に入り、すっかり寒くなりましたね。鍋など温かい食べ物が美味しくなる季節ですので、しっかりと体を温めて、体調管理に気をつけて過ごしましょう!今回は11月2日の活動について、ぐつが紹介していきたいと思います。

11月2日の活動について

 今回の活動は、前回に引き続いて、設定したペルソナに対するPOV(point of view)とHMW(How Might We~?)について考えたり、発表したりしました。今回は、内田ゼミとV.schoolの方の他に、長田区役所の方や児童館の方にも参加していただき、私たちが考えたPOVとHMVにフィードバックをしていただきました。どの班も様々なPOVとHMWを考えていましたが、長田区役所の方や児童館の方にそれぞれの班に的確なアドバイスをしていただき、非常に参考になった様子でした。

 POVやHMWのフィードバックの他にも、児童館の方から母親としてのご意見を伺うことができ、非常に有意義な時間になりました。個人的には、ゲームが完全に悪いものでは無く、思考力を養う上ではむしろアリ、という意見に共感できました(笑)。

終わりに

今回の活動ではPOVとHMWについて様々なフィードバックを頂きました。このPOV、HMWは、課題の策定や原因の考察の助けになるものだと聞いています。子供達の読書習慣作りに何が必要なのかを考えていくためにも、次回の授業までにPOVとHMWをより洗練していければ、と思います。

 

【FBLX 神戸市課題解決プロジェクト 10/19】

 

はじめに

 こんにちは!10月も下旬にさしかかり、かなり涼しくなってきましたね。

今回は10/19のゼミの様子をチーム2からのんがお伝えします。

 

10/19の流れ

今日は、デザイン思考のempathy とdefineを考えました。
今まで、現地見学やインタビューを通じて集めた情報をもとにペルソナを再度考えました。
そして、ペルソナはどんな人なのか(empathy)どんな課題をもっているのか(define)についてチームで話し合いました。
ペルソナの潜在的なニーズを考えるためのhow we〜?というワークをしました。
人それぞれみているポイントが違うからこそ、ペルソナの課題の意見がたくさんあり、おもしろかったです。

しかし、どれを1つの課題と定義するか収束させるのが難しかったです。


今回ゼミの中でアイスブレイクとして2つ行いました。

自分や周りの人の悩みや課題に対する発見があり面白いのでおすすめです。

1バイアス
2魔法のコトバ

 

おわりに

 みんな久々の対面での議論に慣れてきて、盛り上がりを見せた時間でした。

次は11月の投稿をお楽しみに!

【FBLX 神戸市課題解決プロジェクト 10/5】

 

はじめに

 こんにちは!10月に入りましたがまだまだ残暑が厳しいですね。かと思えば朝夕は冷えるので体調管理には気を付けましょう!

今回は10/5のゼミの様子をチーム3からももたろうがお伝えします。

 

10/5の流れ

①アイスブレーク
 

 内田ゼミ恒例のアイスブレークです。長田区役所の方々とも少しづつ打ち解けられてきているかも。

f:id:uchidazemikobe:20211011092259j:plain

②レクチャー
 

 砂川さんによるエンパシーマップとペルソナのレクチャーを受けました。エンパシーマップの作成では事実と推測の区別が重要であること、ペルソナの作成では綿密な調査が必要であることなどを学びました。

③チームごとの活動
 

 レクチャー後は、9月に行った2回のインタビューをもとにエンパシーマップとペルソナを各チームで考えました。
 ここで、私のチームの様子を少し紹介します。
 私のチームでは始めにインタビューをさせていただいた方を参考にエンパシーマップとペルソナを考えました。少ない情報の中での作業だったので推測をするのが難しい部分もありましたが、これからの活動で徐々にアップデート・修正していていけたらと思っています。

f:id:uchidazemikobe:20211011092119j:plain

④チームごとの進捗と方向性を全体で共有
⑤流れ解散

おわりに

 いよいよ対面のゼミも始まりました。すでにプロジェクトの難しさ感じていますが、対面ゼミができることに感謝しながら励みたいと思います。

【後期プロジェクト、FBLX神戸市課題解決プロジェクトについて】

 

はじめに

こんにちは。今回の記事では後期から始まるFBLX神戸市課題解決プロジェクトについて、前回に引き続きぐつが紹介していきます。

FBLX神戸市課題解決プロジェクトとは

 FBLXは、「FBL」=Field-Based Learning, 「X」=いろいろな、を指します。日本語で表すと、現地を中心に様々な事を学んでいくこと、ぐらいの意味合いになります。神戸大学では、この「FBL-X」の科目を扱うV.Schoolという教育・研究組織があります。後期の内田ゼミからは、このV.Schoolの方々と共に、神戸市の行政課題の解決をやってみよう!という事でこのプロジェクトが始まります。

 そして、今回私たちが取り組む行政課題は、「長田区の子供たちの読書習慣を身につける」ことです。神戸市の長田区では、子供達の本離れが懸念されており、そこで私たち内田ゼミとV.Schoolの方々に協力させていただくことになりました。

 個人的に、本を読むことは、日頃見るネットニュースやスレッドで見られるような断片的な情報だけではなく、一つ、または複数の事柄について詳しく知ることができるし、他人が書いた長い文章を読むことも論理性や多様な価値観をを育む上で重要だと思うので、この課題はぜひ解決してみたいです。

夏休みに行ったゼミ活動

オリエンテーション(9月10日)

 後期ゼミの先駆けとして、9月10日にオリエンテーションがありました。オリエンテーションでは、FBLX神戸市課題解決プロジェクトについてのお話に加え、課題解決をする上で重要になってくるというデザイン思考について、V.Schoolの方から説明がありました。

 デザイン思考とは、読んで字のごとくデザイナーが、何かをデザインする時に使う思考方法で、相手に徹底的に共感したり、試作品を様々に生み出していったり、小さい失敗をいくつか繰り返して真の課題を身につけようとしたりすることにその特徴があるとされています。

 そういった意味合いでは、私たち内田ゼミは、前期のゼミで様々な試作品を当事者の立場から考えて何度も作り直してきたので、知識としては知らないながらもデザイン思考をしていたのかもしれません。とはいえ、真の意味で当事者の気持ちを理解するのは非常に難しいことであると前期では深々と思い知ったので、今回は童心に帰って(?)、今の子供達の立場で解決策を探して行ければ、と思います。

インタビュー(9月21,27日)

9月の21,27日には、長田区の小学校のPTAさんへ、お子さんの読書習慣についてのインタビューをZOOMで行いました。生徒達はチームごとにいくつか質問を行い、PTAのお母さん方も快く答えてくださいました。

f:id:uchidazemikobe:20211019132026p:plain

 私は27日に参加させていただいたのですが、インタビューさせていただいたお母さんに、お子さんの読書のきっかけを尋ねたところ、料理という趣味がきっかけで料理の本を読むようになった、と仰った事が印象に残っています。読書以外の自分の習慣から、読書をすることに繋がった、という過程は、今後施策を考える上で鍵になるかも、と思いました。以下は私のチームメイトのインタビューの感想になります。

 

良い意味で親の子に対する読書をしてほしいという想いが強いなと感じました。親御さんとしても様々な想いをお子さんに持たれており、様々な工夫をされてるのだと学ぶ事ができました。子供が読書習慣より身に着けられるような取り組みを考えたいと思います!

読書習慣をつけてほしいという切実な思いを直接聞けてよかったです。子供に静かになってもらうためにはゲームなどに頼るのも仕方のないことなのかなとも感じましたが、出来る限りどうやったら本を読むということを子供にしてもらいやすくなるのか、今後しっかり考えていきたいと思います。

お子さんに読書をしてもらうために行っていることは家庭によってさまざまだけど、その根幹にある読書をしてほしい理由に関しては共通している部分があると感じました。お母さまのアツい想いが伝わるインタビューでした!これから企画を考えていくことが楽しみです😊

おわりに

新しく後期のプロジェクトが始まりました。子供達のために何が出来るのか、まだ実感が湧きませんが、チームの皆さんや内田先生の他にも、図書館の司書さんやPTAの方々、長田区役所の方など多くの方にプロジェクトのサポートをしていただいております。協力していただく皆さんに感謝するとともに、後期のプロジェクトも頑張っていければ、と思います。

【ふたご・つなげるプロジェクト】~チーム3~

はじめに

 こんにちは。広報担当のぐつです。最近は暑さも落ち着いてきて、だいぶ過ごしやすくなっているように感じます。一方で、もう少しで空気も乾燥していって寒くなっていき、風邪やウイルスも広がりやすくなると思います。寒さとともに身を引き締めていきましょう!

 さて、今回の記事ではチーム1,2に続いて、チーム3の前期の活動について報告していきます!

チーム3の方向性について

 以前の記事で述べられていたように、神戸大学の内田ゼミでは、多胎児育児をされているパパさん、ママさんに向けて学生という立場で何かできないかと模索しています。  チーム3では、多胎育児をあまり理解されていない方々に対して、社会課題としての多胎育児を認知していただくことで、社会を少しでも変えていけないかと考えました。このアプローチは、実際に多胎育児をされている方へのインタビューにヒントを得ました。というのも、インタビューの中で、多胎育児で悩んでいる事をお伺いしたところ、社会や周りの人から理解されない、といったことを皆様が口を揃えて仰っており、ゼミで習ったシステム思考(課題の解決策を考えるとき、当事者ではなく当事者を囲むシステム、社会に注目する考え方)の考えと重なったので、なんとか理解してもらえないだろうかと方針を決めました。

チーム3の施策

 社会にもっと多胎育児を認知してもらうために、チーム3はチラシを使った広報活動を提案しました。なぜ発信力の高いYouTubeTwitterTikTokなどのSNSを用いなかったのかというと、学生で、さらに発信力の無い私たちでは、あまり興味を持ってもらえないと考えたからです。チラシであれば、最前線で活動をされているNPO法人のつなげるさんがTwitterなどで紹介していただける上、イベントでも配っていただくことで、少しでも多くの人に見ていただけるのではないか、とチーム3は考えました。実際に作ったチラシがこちら↓(左:表、右:裏)

f:id:uchidazemikobe:20210929134342p:plain
f:id:uchidazemikobe:20210929134729j:plain

 チラシの作成にあたって特に注意したことは、表ではなるべくインパクトがあるように写真を大きく使い、内容は簡潔に、一方で裏ではどのようなことに悩まされているのか最後には問いかける形で、なるべく印象に残り、情報が伝わりやすいようにしました。こだわった点として、インタビューや多胎育児のコミュニティLINEチャットでのパパさん、ママさんの意見の傾向を分析し、最も悩んでいる傾向のある問題(ベビーカー)に焦点を当てて紹介しました。

おわりに

 今回のゼミの活動を通して初めて、社会課題の解決に向けてまじめに考え、さらに、実際に社会課題を解決しようと奔走されている方と共に作業をするという貴重な経験をさせていただきました。社会課題について考えるのは想像以上に難しかったですが、インタビューやチームみんなで考えた時間を通じて、様々な考え方に触れることが出来ました。今回の活動を通して、少しでも多胎育児について社会が認知してくれたらいいな、と思います。

 また、NPO法人の方々や内田先生には真摯に私たちの意見を聞き入れていただいたり、アドバイスをいただいたりと、様々なサポートをしていただきました。オンライン授業という意思疎通の難しい状況ではありましたが、その中でも一つの施策を提案することができたのは、皆様のサポートあっての事でした。この場を借りて感謝致します。

【ふたご・つなげるプロジェクト】~チーム2~

 

はじめに

みなさんこんにちは!

今回はチーム2のみなさんに活動報告をしてもらいます!

 

前期の活動について

  • チーム2の発表内容

チーム2では「ふたごのへやをより多くの当事者の方(=双子のママ)に認知してもらう」ということを目標に、テキスト分析を用いて活動していました。

また、認知してもらうだけで終わらず、参加してもらうための動線作りという点も意識していました。

具体的には、ふたごのへやのHPの改良を行いました。

以下、工夫した点をいくつか紹介させてもらいます。

 

このように無料キャンペーンを行うことで、新規ユーザーが参入しやすくしたり

f:id:uchidazemikobe:20210924153852p:plain

テキスト分析で調べた同時に使われてる言葉のランキングを掲載することで、「ふたごのへやに参加している方はどんなことで悩んでいるんだろう」という疑問に答えられるようにしたり

f:id:uchidazemikobe:20210924154156p:plain

f:id:uchidazemikobe:20210924154306p:plain
双子のママがよく抱く質問をQ&A形式にしてまとめたり

f:id:uchidazemikobe:20210924154615p:plain


などなど。

素敵なふたごのへやをもっと広めたい という想いに沿った発表が出来たのではないかと思っています。

 

 

  • 感想


私にとって、今回のNPO法人つなげるさんの活動に参加させていただいたことが、人生で初めて本格的に社会課題に取り組んだ経験でした。
今回一番学んだことは、現実社会に存在する社会課題が非常に複雑であり、それゆえに社会課題の解決がとてもやりがいのあるものだということです。
プロジェクトの初期は、社会課題の現状を知ることから始まり、自分たちが解決のためにどのようなアクションを起こせるのかということをメンバーでたくさん議論を交わしました。

議論の中で特に意識したことは、自分たちが学生であり、子育てを経験したことがないということを踏まえて、できるだけ当事者の立場になって考えるということです。
そして前期ゼミの最終日、メンバーで議論してきたことを、つなげるの方たちの前でプレゼンさせていただきました。
自分たちのアイデアを実際に活動されている役員の方に発表することに多少の不安がありましたが、つなげるの方たちから、「参考にさせていただきたい」というお言葉をいただき、とても安堵したのを覚えています。
そして私自身、双子育児の奥深さというものを知り、ここで終わらせるのではなく、引き続き自分にできることをしていきたいと思い、私たちのアイデアが一部導入された新しいプロジェクトに現在参加させていただいています。
今回の前期ゼミで経験したことは自分にとって、社会課題に対して自分がどのように貢献できるのかを考えさせられた貴重な経験でした。

ありがとうございました。

ペンネーム:まるちゃん

 

今回のプロジェクトを通して、他人の立場になって考えるということの大切さ、そして難しさを改めて感じさせられました。

多胎育児という、まだ学生の自分には普段生活している中ではなかなか思考を巡らすことがない分野に関して真摯に向き合い、考えていく中で、他人に寄り添うことの大切さをしみじみと実感させられました。

ソーシャルビジネスという分野の難しさも痛感させられましたし、何よりも運営者の善意によって成り立っている団体が数多くあるんだなと思い知らされました。
チームメンバーとの協力では自分はまだまだ未熟な点が多く、頼ってしまうことが多かったという反省点があります。

今後チームでよ活動があれば、自分がチームを積極的に支えれるような役割ができるように日々成長をし、みんなの役に立てるように頑張り続けようと決意しました。
改めて、今回の活動を通して、自分の未熟さ、そして協力することの大切さ、何より全力で物事に取り組むことの重要さを学びました。

最後になりますが、この活動のメンバーの一人になることができて本当に良かったです。

ペンネーム:のり

 

つなげるさんのこれから行っていきたいことや課題はたくさんある中で、今私たちがつなげるさんのためにするべき・できることは何か考えることは難しかったですが、楽しかったです。

解決策として実際に自分たちでホームページを作れたのは良い経験だったと思います。この経験を通じて社会課題は身の回りにあり、社会課題のために活動されている方やNPOがいることを知りました。

すてきな活動をされているNPOが継続的に活動できるようにサポートできる人になりたいと思いました。

ペンネーム:のん

 

NPO法人についても、テキスト分析についても、双子の育児も、全てにおいて初学者の私たちが出来ることはなんだろうと考えることが多かった活動でした。

難しいことが多かったからこそ、新しく学ぶことも多かった前期だと思います。

特に多児育児に関しては、1人っ子の私にとっては兄弟がいる環境・しかも双子ということで、自分の想像が至らない点が多くありました。

ママ達の苦労を感じた分、その助けになれるふたごのへやをもっともっと多くの方に知ってもらいたいです。

NPO法人つながる様には様々な面でご協力いただきました。

この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

ペンネーム:いっこ